わかりやすいクラシックギターの弦の張り方

ここでは、クラシックギターの弦の張り方を説明していきます。

なるべくわかりやすくなるように、たくさん参考画像を上げてみました。

クラシックギターの弦の交換は、エレキギターやフォークギターに比べて難しく、正直面倒です。

そのためか、弦が黒ずんで劣化してきても、そのまま弦を張りっぱなしにしている人も少なくありませんが、新しい弦に交換することで、「鳴り」や「響き」が鮮やかに生き返ります

弾くのがもっと楽しくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、クラシックギターの弦の張り方には、個人差があります。

どれか1つが絶対に正しいというわけではありませんが、なるべく簡単で、仕上がりがきれいになる張り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1. クラシックギターの弦を外す

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方) 1.クラシックギターの弦を外す

新しい弦に交換するにあたって、まずは古くなった弦を外します。

それぞれの弦をゆるゆるに緩めて、サウンドホールらへんで、ニッパーやハサミを使って、弦を切ります。(ハサミだと歯が欠けるかもしれませんので、できればニッパー推奨)

2. ヘッドの弦を入れる穴を上に向ける

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方) 2.ヘッドの弦を入れる穴を上に向ける

ヘッドに弦を入れるときは、上から下に差し込むようにするので、あらかじめペグを回して、穴を上に向けておくと手間が省けます。

3. 新しい弦を取り出し、弦の頭と尻尾を確認する

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)3.オーガスチン(リーガルブルー ハイテンション)

今回は、音質に定評のある「オーガスチン」の弦に張り替えます。

上の画像のリーガルブルーはハイテンションタイプです。

同じ価格帯としては、YAMAHAの「グランドコンサート」もおすすめですよ!音がまとまりながらも、気持ちよく拡散されて、鳴りが素晴らしいです。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)3.オーガスチン(リーガルブルー ハイテンション)の弦の太さ

裏面を開くと、各弦の太さを確認できます。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)3.オーガスチン(リーガルブルー ハイテンション)中身

取り出すと、1弦・4弦、2弦・5弦、3弦・6弦がセットで入っていました。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)3.弦の頭と尻尾(前と後ろ)

弦によっては、4~6弦の巻弦(ワウンド弦)に、頭と尻尾の区別があります。

どちらが頭でも尻尾でもいいのですが、先っぽに芯がなくヘニョっと柔らかくなっている方をヘッド側にします。上の画像では、上の弦の先端がヘニョってまいす。

これをブリッジ側にしてしまうと、しっかり固定されなかったり、弦が切れてしまったりするおそれがあるので、よく確認しておいてください。

頭と尻尾がない弦もあります。

4. ブリッジに弦を通す

弦を張る順番に決まりはないと思いますが、まずは6弦から張っていきます。

弦を張るおすすめの(張りやすい?)順番は以下の2パターンです。

  • 6弦 ⇒ 5弦 ⇒ 4弦 ⇒ 1弦 ⇒ 2弦 ⇒ 3弦
  • 6弦 ⇒ 5弦 ⇒ 4弦 ⇒ 3弦 ⇒ 2弦 ⇒ 1弦
弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)4. ブリッジに弦を通す

サウンドホール側から、6弦をブリッジに通します。

この時、ブリッジ側の弦の先端(画像でいう右側)がヘニャヘニャではないことを確認します。

5. 弦の先端を折り返して、弦を囲うように、また折り返す

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)5. 弦の先端を折り返して、弦を囲うように、また折り返す

ブリッジに入れた弦の先端を折り返します。

折り返した弦は、ブリッジの左側にでている弦をくるっと囲うように、再び折り返します。

この時、外側から内側に囲うか、内側から外側に囲うか選ぶことになりますが、どちらでも問題ありません。ただ、すべての弦で統一するようにします。でないと仕上がりが美しくありません・・

上の画像では、外側から内側に囲っています。

6. 輪の中に弦の先端を通す

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)6. 輪の中に弦の先端を通す

折り返すと、輪ができていますので、輪の中に弦の先端を通します。

7. ブリッジの側面で縛り目を作る

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)7. ブリッジの側面で縛り目を作る

輪の下に弦の先端を通すとき、上の画像のように、ブリッジの上ではなく、側面にくっつけます。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)7. ブリッジの側面 クローズアップ

ヘッド側に伸びている弦を少し強めに引っ張って、ブリッジ側面で縛り目ができるように弦を調整します。

ブリッジの上部で縛り目ができてしまうと、しっかり固定されないので、弦が張りに耐えられず、緩んだり、外れてしまったりします。

クラシックギターの弦の張り替えで失敗が多いのが、ここだと思います。エレキやフォークにはこんなのありませんもんね・・

8. ヘッドに弦を通して、折り返す

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)8. ヘッドに弦を通す

ヘッドに弦を通すときは、まず上から下に通します。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)8. 弦を折り返す

通した弦の先端が上にくるように、手前から折り返します。

折り返した弦の先端は、ブリッジまで伸びている弦より、ヘッドの内側から出します。

9. くるっと1回巻いて、ペグを回す

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)9. くるっと1回巻いて、ペグを回す

通した弦の先端で、ブリッジまで伸びている弦をくるっと1回巻きます。

巻目はなるべく根本に作ってください。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)9. 手で弦を押さえながらペグを回す

巻目を作ったら、巻目が根本にくるよう、弦の先端を手で押さえながらペグを回します。

このとき、自分からみて反時計回りに弦が巻かれるようにします。

10. 6弦と1弦は、穴よりも外側に巻きを作る

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)10. 6弦と1弦は、穴よりも外側に巻きを作る

6弦と1弦は、穴より外側に巻きができるようにします。穴の内側に巻きができてしまうと、ヘッドで隣の弦と接触してしまうためです。

5弦、4弦、3弦、2弦は、穴よりも内側に巻きを作ります。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)10. 弦を張っていくと、ブリッジ側が締まる

ちなみに、ペグをぐるぐる回して弦を張っていくと、ブリッジ側が締まってきます。

念のため、縛り目がブリッジの側面にきていることを確認してみてください。

11.巻きを内側に作るように 5弦、4弦を張る

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)11.巻きを内側に作るように 5弦、4弦を張る

続いて、同じように5弦を張りますが、6弦と違い、ヘッドの巻きが穴より内側にくるようにします。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)11.4弦は、5弦よりも巻きを内側に

5弦と同様に、4弦を張ります。

4弦は、5弦よりも内側に巻きがくるようにするとキレイに仕上がります。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)11.4弦、5弦、6弦のブリッジ部分

6弦、5弦、4弦を仮張りしておくと、ブリッジが上の画像のようになります。

12. 1弦、2弦、3弦を張る

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. 1弦、2弦、3弦を張る

1弦、2弦、3弦は、巻弦(ワウンド弦)と少しだけ張り方が異なります。

ひとまず、これまでと同じように弦をブリッジに通して、折り返したら、弦を囲うようにまた折り返して、輪の中に弦を通します。

ここまでは、巻弦と同じですが・・

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. 1弦はブリッジで2回巻く

1弦、2弦、3弦では、もう一回、輪の中に弦を通します。

要するに、くるっと2巻きします。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. ブリッジ側で2回巻いたら、少し締めて仮止めする

2巻き目の縛り目がブリッジの側面にくるように調整したら、ヘッド側に伸びる弦を引っ張って、ブリッジ上の弦を軽く締めます。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. 1弦ブリッジ側のクローズアップ

ブリッジの側面に縛り目がきていますね。これでOK。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. 1弦をヘッドの穴に通す

1弦を上から下に通したら、弦の先端が上に出るように折り返します。

このとき、6弦と同様に、折り返した弦の先端は、ブリッジまで伸びている弦より、ヘッドの内側から出します。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. ペグを回す前に、一回弦を巻く

通した弦の先端で、ブリッジまで伸びている弦をくるっと1回巻きます。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. ヘッド側で弦を巻く時は、巻きの位置に注意

6弦と同様に、1弦は巻きが穴より外側にくるようにします。

残りの2弦、3弦は、巻きが穴より内側にくるようにします。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)12. 弦を張り終えたときのブリッジ

全ての弦を張り終えると、ブリッジは上の画像のようになります。

【参考】1弦、2弦、3弦は結び目で固定してもOK

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)1弦、2弦、3弦の別の張り方

1弦、2弦、3弦では、ブリッジ上で弦を2回巻いてましたが、あらかじめ先端に結び目を作っておけば、1回巻くだけでOKです。

13. ざっくりとチューニングする

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)13. チューニング

交換したばかりの弦の音は安定しないため、まずはざっくりとチューニングします。すぐに音が狂いますが、それが普通です。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)13. 弦を伸ばす

ざっくりとチューニングしたら、弦を少し引っ張ったり、鳴らしてみたりして、弦を伸ばしたら、再びざっくりチューニングしていきます。

繰り返すと段々と音が安定してきますので、最終的に正しい音にしっかりとチューニングします。

また、張ってから時間が少し経つと音がくるってきますが、これははじめのうちだけなので、心配ありません。

14. 弦の余った部分を切る

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)14. 弦の余った部分を切る(ブリッジ)

最後に、弦のあまった部分をニッパーで切ります。

弦のあまり部分が長くて、ボディにふれていると、ビビった音がすることがありますので、気を付けてください。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)14. 弦の余った部分を切る(ヘッド)

髭ぼーぼーが好きな方もいますが、ヘッド側のあまった弦も切っておくとすっきりします。


ちなみに、途中で弦がほどけたら困ってしまうので、弦の余った部分を切るのは、最後の最後(弦を張り終えてチューニングも終えた後)にしたほが良いと思います。

弦の交換(クラシックギターの弦の張り方)完了

張り替え完了(^^)!

 

クラシックギターの弦交換は、他のギターに比べて手間がかかりますが、ポイントさえ押さえておけば、案外すぐに慣れるものです。

特に、ブリッジ側での弦を固定するために、ブリッジの側面で縛り目を作るというのは、とても大切なポイントですので、確認しながら張り替えてみてください。

楽しいクラギライフを!

スポンサーリンク

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (火曜日, 14 6月 2016 16:15)

    すごく役に立ちました。
    ありがとうございました。

  • #2

    Tab Stock (火曜日, 14 6月 2016 16:29)

    いさん

    コメントをいただきまして、ありがとうございます(^^)
    お役立て頂ければ、とてもうれしいです!
    楽譜も掲載していますので、よければご覧くださいね。 素敵なギターライフを!

    Tab Stock 管理人