オリジナルピックが作れるピックパンチ(ピックカッター)

私はフェンダーのティアドロップ型エクストラヘビーのような、シンプルで硬いピックを使っていますが、よく削れてしまいます。

そう、ピックは消耗品なんですね。

バリバリ弾いていた昔は、たくさんピックをストックしていましたが、最近はあまり弾かないので、そんなにストックもしていません。

そんなこともあって、たまの休日に

「今日はエレキ日和だ!」

と、いざギターを抱えても、ピックがない(汗)

まるで靴下のように、消えてなくなるピック。

いちいちピックを買いに楽器屋まで行くのも面倒。

ピックぐらいなら自作できるんじゃない?と思っていたら、やっぱりありました、ピックパンチ。

スタンダードなティア・ドロップ




ピックパンチは実用的?

調べてみると出るわ出るわ・・、いろいろなメーカーがピックパンチとかピックカッターという名前で販売しています。



ユーザーの口コミにも書いてありますが、やっぱり気になるのが「材料」と「バリ(粗)」

材料にはプラスチック素材のカードや下敷きを使うとありますが、いらないプラのカードなんて、昔の歯医者のカードが1枚あるだけ。

いちいちピック用の材料を買うぐらいなら、ピックを買ったほうが早いような・・

そしてバリ、つまり打ち抜いたあとの「ざらつき」です。

打ち抜いたあとに、やすりをかけないと肌わざりが悪いので・・うーん・・、結構手間がかかります。

実用性を考えた場合、これってどうなんでしょうか?

普段からピックを大量に使う人には経済的でいいかもしれませんが、ピックパンチの魅力は、「オリジナルのピックが作れる」といったことにあるんじゃないかと思います。

例えば、バンドのロゴやキャラクターを入れてみるのはおもしろいですね。ファンや友人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


また、ピックパンチは、話題性のあるアイテムです。

つまり、けっこうウケます。

自分では買わないものの、誕生日プレゼントで貰ったら嬉しいかもしれませんね。