BOSS BR-80 があれば、ギター1本でバンド音楽が作れちゃう

バンドの楽曲を自分で作ってみたい!

HR/HMマニアの私は、かねてより手軽にドラムの打ち込みができるMTR(マルチトラックレコーダー)を探していました。

財布が軽い今日このごろ、お手頃価格は絶対条件。でも、ギター機材って安物買いの銭失いになりやすいんですよね。

そこで登場するのが、BOSS BR-80

コンパクトエフェクターぐらいのお手頃なお値段なのに、すごいポテンシャルです!



BOSS BR-80 をあけてみる

(MTR)BOSS BR-80 外観

BOSS BR-80の売りは、軽量でコンパクト。

かなり軽くて、片手で握れるぐらいのサイズです。

(MTR)BOSS BR-80 SONARとUSBケーブル、電池もついている

中身はBR-80本体、単三電池×2、パソコンにつなぐUSBケーブル、説明書一式、そしてDAWソフトウェアの「SONAR X1 LE」がバンドルでついてきます。

SONARは、Windows専用のようなので、Macユーザーは注意ですね。

(MTR)BOSS BR-80 マイクロSD付(4GB)

データを記憶するマイクロSDは、BR-80本体の中。

4GBなので、とりあえずは十分です。

BR-80をパソコンに接続するときは、SDに専用ドライバーが入っているので、インストールしておきます。

(MTR)BOSS BR-80 アダプター

BOSSに限らないかと思いますが、ACアダプターはやっぱり別売り。

念のため、専用アダプターも一緒に買いましたが、確か¥2,000ぐらい。

たっ、たかい!

アダプターを使わなくても、単3電池2本でも動きます。

エフェクター搭載、ドラムは打ち込み、ベース変換機能!

BR-80 のもう1つの魅力が楽曲作りの手軽さ。

シンプルなバンド系の楽曲を作りたいのでしたら、エレキギター、シールド、ヘッドフォンがあれば、すぐにでも作れちゃいます。


エフェクターは歪みから空間系まで、大量に搭載されています。

どれも効きがよく、高性能なマルチエフェクターが搭載されているような感じです。

なので、いちいちエフェクターの実機を用意する必要がありません!

 

ドラムはあらかじめ用意されているパターンを、貼り付けいくように挿入するだけ。

けっこういろんなパターンのドラムがあります。

ドラムの音も、かなりいいですよ!

 

そして、ギタリストにとって嬉しい機能のベース変換!

ギターをベースにエフェクターの要領で変換する機能があるので、いちいちベース本体を用意する必要がありません。

もちろん、チューニングを1オクターブ下げる必要もなく、機能から「Guitar to Bass」を選ぶだけです。

けっこう楽しい!

 

楽曲を仕上げるまでの作業は、パソコンにとりこまなくても、BR-80だけでほとんど完結できちゃうので、手軽に、それこそ思いつきで楽曲を作成できます。

MTRの入門にも十分な機能を備えています。

ぜひお試しくださいね。