ジブリ『思い出のマーニー』で流れたクラシックギターの名曲

スタジオジブリの『思い出のマーニー』が初めて地上波で放映されたのは、私がちょうど新居に引っ越した日でした。

スマホもパソコンもある今、そういえばわざわざ地上波の映画を観ることもなくなっていました。


でも、引っ越したばかりでネット回線もまだ使えない・・

なので、休息がてら、ダンボールが山積みのリビングに寝転がりながら、テレビで『思い出のマーニー』をぼんやり観てました。

スポンサーリンク


不思議な少女マーニーが口ずさむ「アルハンブラの思い出」

『思い出のマーニー』はジブリ作品ではあるものの、宮崎駿さんの作品ではありません。

ラピュタやナウシカが好きな私ですので、あまりおもしろくないんじゃないかなー?なんて、思ってたら・・・あら、意外とおもしろい。

現代的でみずみずしい心理的な描写と優しい物語が、ジブリのアニメーションにのって、鮮やかに伝わってきます。

劇中、クラシックギターの名曲が流れてきて印象的でしたので、以下、ネタバレしない程度にご紹介したいと思います!

主人公のアンナは心を閉ざした女の子。

喘息の療養先で出会った不思議な女の子マーニーにだけは、心を打ち解けます。

劇中、マーニーとアンナがダンスを踊るシーンで、マーニーが聞き覚えのあるメロディを口ずさみます。

▲思い出のマーニー DVD


そう、クラシックギターの名曲「アルハンブラの思い出」です。

「アルハンブラの思い出」はクラシックギターはもとより、さまざまな形で演奏される不動の名曲です。

異国の小さな女の子マーニーが「アルハンブラの思い出」を口ずさみながら、アンナと夜の湖畔で踊るシーンは、文学的にとても美しく、どこか郷愁の念をさそうものでした。

 

物語の後半で、マーニーが再び「アルハンブラの思い出」を口ずさむシーンがあります。

実はこれ、物語の美しさを伝える曲なんですね。

これ以上はネタバレになってしまうので、控えておきます。

 

『思い出のマーニー』では、「アルハンブラの思い出」の他にも、みずみずしさを感じさせる綺麗な曲が使われています。

主題歌を歌うプリシラ・アーンの音楽は、アコギにも声にも透明感があって、静かな部屋で流すと癒されます。とってもおすすめ。

落ち着いた夜にみるのにピッタリな映画でした。

 

・・・映画を観終わると、現実に戻されます。

段ボール、段ボール、段ボール・・・ふぅ・・

その日は、開梱する余力もなく、そのままベッドに移動しました。

 

音楽的にも素敵な映画ですので、ぜひ一度、ご覧になってみてくださいね。

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)