【超絶技巧】アコギの神様「トミー・エマニュエル」

山野楽器銀座店は、昔から試聴できるCDが圧倒的に多く、新譜のチェックにはうってつけ。いまやネットでできますけど、やっぱりジャケットを手に取りながら選びたい。

そういえば、いまはCDにお金をかけなくなりましたね!

気に入った音楽があっても、動画検索からお気に入りに登録で、はい、おしまい・・・よっぽど気に入ったものでなければ、CDを買うことはなくなりました。

が、試聴のヘッドフォンを装着した途端、とんでもない衝撃を受けて、ついつい衝動買い。

怒涛のテクニックとストレートなパンチが効いたアコギを弾くのは、アコギの神様と呼ばれる「トミー・エマニュエル」でした。


スポンサーリンク


トミー・エマニュエルの2枚組ベストアルバム!

ついつい買ってしまった「ザ・ギター・マスタリー・オブ・トミー・エマニュエル 」は、トミー・エマニュエルの2枚組ベストアルバムでした。

これ1枚で、トミーの魅力を味わい尽くせるお得なCD・・・うひ。

【収録曲】

(CD-1)

1.Somewhere Over The Rainbow / 2.Tall Fiddler / 3.Angelina / 4.Endless Road / 5.La Visita / 6.Windy & Warm / 7.I Still Can'T Say Goodbye / 8.Gameshow Rag/Cannonball Rag / 9.The Mystery / 10.Lewis & Clark / 11.Cantina Senese / 12.Antonella'S Birthday / 13.Cowboy'S Dream / 14.Sunset (Bonus Track)

(CD-2)

1.The Welsh Tornado / 2.Ruby'S Eyes / 3.Half Way Home / 4.Moon River / 5.The Fingerlakes / 6.Tapestry / 7.Smokey Mountain Lullaby / 8.Haba Na Haba / 9.The Tennessee Waltz / 10.Guitar Boogie / 11.Only Elliot (Bonus Track) / 12.Mombasa (Live) / 13.Beatles Medley (Live)

ギターの神様といわれるだけあって、トミー・エマニュエルは、なんといってもテクニックがずば抜けています。

魅せるテクニックがとても印象的で、「The Welsh Tornado」などでは、1人で弾いているとは思えないような演奏も聴かせてくれます。

ローテンポやバラードの曲にも、余裕が感じられ、とてもエモーショナルな演奏に惹かれます。

ジャンル的にはカントリーやフォークを中心とした印象でしたが、どんなジャンルでもストレートにこなす、オールマイティなソロギタリストという感じです。

 

興奮冷めやらないうちに、アコギ好きの友人にごり押しでおすすめしました!・・・がっ、あまりお好きではない様子。あれっ・・

曰く、強烈過ぎて粗いっとのこと・・

ストレートで情熱的な演奏も、聴く人によっては落ち着きがなく粗いっとなっちゃうんですかね(苦笑)

 

トミー・エマニュエルは、ストレートな音楽が好き、テクニカルな音楽が好き、カントリーギターが好きな方にはおすすめのギタリストです。

聴いてみれば「こりゃ、神様だ!」ってなるはず。

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)