アルペジオの練習方法

今回はアルペジオの練習方法を取り上げます。

ギターの奏法では重要な役割をしめますので、しっかりとマスターしましょう。

 

アルペジオとは分散和音のことです。

コードを押さえてまとめて弾くのではなく、分けて弾くことを指します。

ここではフィンガースタイル(指弾き)を取り上げます。

スポンサーリンク


アルペジオの基本スタイル

まず右手の指の表記法を確認しましょう。

親指⇒p 人差し指⇒i  中指⇒m 薬指⇒a と表記されます。

小指は自然にしておくか、安定させるためにボディで支える方も多いです。

 

ポイントとしては手首をしっかりと固定することです。

指の動きのみでしっかりと弦をとらえる必要があるので、手首が不安定だと指の動作も一定にならないので注意しましょう。

 

p指は、しっかり伸ばして弦を確実に弾く習慣をつけましょう。

多くの場合ルート音(コードの最低音、根音)を担当するのでコードの変わり目など、安定した音を出す必要があります。

 

一般的にスリーフィンガー、フォーフィンガーの2種類に分けられます。

文字通りスリーフィンガーは3本の指で、6,5,4,3弦⇒p、2弦⇒i、1弦⇒m で弾かれます。

フォークソングで多用されるスタイルです。

固定された動きをアップテンポで弾く場合などにとても有効です。

 

一方、フォーフィンガーは4本の指で6,5,4弦⇒p、3弦⇒i、2弦⇒m、1弦⇒a で弾かれます。

クラシックギターの基本スタイルとなり、幅広い音楽に対応できるため主流となっているスタイルです。

問題点を解決していこう

基本練習として6弦、3弦、2弦、1弦をp、i、m、aの順に弾いてみましょう。

音量バランス、音色、リズムに注意して右手の動作を馴染ませましょう。

 

開放弦で安定してきたら左手でコードを押さえて練習してみましょう。

ここでコードがしっかり押さえられているかという基本的な問題に直面します。

ストロークの時はごまかせてもアルペジオになるとごまかしが効きませんね!

 

押さえる力の入れ具合も強ければいいというものではありません。

無理なく押さえれるようにするには慣れが必要ですが、他の弦に指があたっていないかを注意しながらリラックスして弦を押さえましょう。

 

また、上手くいかない場合は、原因を考えてみましょう。

 

①音が途切れてしまう!

⇒ やはり左手がしっかり押さえられていない場合が多いです。しっかり指を立てて、他の弦に触れないように意識しましょう。

 

②他の弦を弾いてしまう!

⇒ これは右手のコントロールの問題です。開放弦でしっかり練習して感覚 を身につけましょう。

 

③リズムが乱れてしまう!

⇒ メトロノームでゆっくりのテンポからトレーニングしていきましょう。

 

美しいアルペジオを目指し、毎日少しずつでもいいので練習してみてください。

ライター:金澤 幹夫


金澤幹夫のギター上達への道 記事一覧

前へ:基礎理論 ~必要性と考え方~

次へ:マイナースケールの基礎

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)