現代曲で使われるカノンのコード進行

クラシック音楽の中でも、とりわけ人気の高い「パッフェルベルのカノン」。

日本では卒業式や結婚式などで、よく耳にしますね。

カノンが作られたのはバロック期、音楽史的にもかなり昔。作者のパッフェルベルはバッハよりも年上で、カノンはとにかく大昔に作られた曲です。・・の割にはフレッシュな感じがしますよね。

そんな大昔に作られたカノンですが、音楽の作り、とくに「コード」に関して言えば、実にシンプルです。

使われるコードやコード進行は時代を問わず好まれるようで、現代曲にも応用されたり、そのまま使用されたりしています。



カノンのコード進行と現代曲

カノンのコード進行は:

| D | A | Bm | F#m | G | D | G | A |

です。


このコード進行を覚えるだけで、カノンだけでなく、次の曲がそれっぽく弾けるようになります。

  • 負けないで(ZARD)
  • TOMORROW(岡本真夜)
  • 愛は勝つ(KAN)
  • さくら(森山直太朗):F#mをAに変更
  • 少年時代(井上陽水):3番目と4番目のコードを反転
  • 翼をください(赤い鳥):7番目のGをCに変更
  • 壊れかけのRADIO(徳永英明):F#mをDに変更


同じようなコード進行でも、雰囲気が変わるのは不思議ですね。

ぜひ試してみてくださいね。

カノンの楽譜一覧(すべてタブ譜)