フリジアンを使うとフラメンコ・スペイン風になる

Eコード、Fコードを弾いて、またEコードに戻って終わる。こうすると、どこかフラメンコっぽくなりますよね。よくよく思えば、これって「フリジアン」の要素。

フリジアンは、メジャースケールの3番目の音から始まり、1オクターブ高い3番目の音に帰結する音階です。ドレミファソラシド(Cメジャースケール)をもとに考えるとわかりやすく、ミファソラシドレミ(Eフリジアン)がフリジアンスケールです。

メジャースケールの各音の開き(音階)

ドレミファソラシド、一番なじみのある音階ですね。これがCメジャースケールになります。メジャースケールの1番目から始まるスケールを、概念的に「アイオニアン」と呼びますが、実質的にはメジャースケールと同じです。

[全 全 半 全 全 全 半]

フリジアンスケールの各音の開き(音階)

ドレミファソラシドをミから始めると「ミファソラシドレミ」になります(Eフリジアンスケール)。CメジャースケールとEフリジアンスケールは構成音がおなじですが、前述のとおりキーが異なります。

[半 全 全 全 半 全 全]

CメジャースケールはCコードで自然に終わる感じがしますが、EフリジアンスケールはEコードで終わりたがります。

フリジアンスケールを使うとスペイン風、フラメンコ風になり、アクセントを出したいときにもおすすめです。

ギター楽譜(タブ譜)メジャースケールとフラメンコっぽいフリジアンスケール

※上の画像のURLは、タブストックの旧URLです。

フラメンコの代表的なコード進行

せっかくなので、簡単でシンプルなフラメンコのコード進行を1つご紹介します。[Am → G → F → E]と下降していきます。

Am

フラメンコ・スペイン風のコード進行①

G

フラメンコ・スペイン風のコード進行②

F

フラメンコ・スペイン風のコード進行③

E

フラメンコ・スペイン風のコード進行④



楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)