In Between Dreams(2005) ジャック・ジョンソン

お久しぶりの更新です。今年ももう残りわずか。今年も暖冬のようですが、それでもずいぶん寒くなって来ましたね。

手前味噌ながら、寒い季節に子どもと聴きたい童謡のPVを制作しましたので、興味のあるかたはぜひ聴いてみて下さい♪

先日、里帰り出産していた妻と生後4ヶ月の娘が実家の大分から戻ってきました。というわけで、自堕落な一人暮らしも終わり、親子三人の生活が始まりました。

目に入れても痛く無い可愛い可愛い娘で、祖父母も、大喜びです。僕も、これまで紹介して来たような大好きな音楽を、娘とともに聴こうと張り切っていました。

張り切っていましたが、、、甘かったっすね(笑)

妻が頑張ってくれているので、私は仕事の合間に、お風呂に入れたりするだけなんですが、やはり慣れずにバタバタ。上品に音楽の情操教育してる場合やない!!

そうこうしてる間にあっと言う間に過ぎて行く日々。

そうだ!僕達には、忙しい日々にリラックス出来る音楽が必要だ!娘よ、そうだよね?

最近、覚えたての「ばぁ」を連呼する娘。うん。かわいいぞ。

というわけで、取り出したのが、ジャック・ジョンソンの「In Between Dreams(2005)」です。

スポンサーリンク

In Between Dreams

"In Between Dreams"は、今まで紹介したアルバムで、唯一の21世紀の音源。これは、リラックス出来るっすよ。アコギ、良い感じっすよ。どうかな?娘。いやもう、娘と呼び続けるのはめんどい。日向子って言うんですよ。うちの娘。

Never Know”とか“Stape It Togehter”とか、ご機嫌なリズムで、聴いてるだけで、きっとリズム感よくなるね。

 

このアルバム、丁度私がエンジニア時代、非常に忙しくしていた頃に、とあるミュージシャンに借りて聴いてはまりました。当時はジャック・ジョンソンが何者なのかも、正直よく知らず、「ちょっと流行ってるみたいだな〜。」という認識で聴いてたのですが、とにかくアコギの音が素敵で、以後、永らく僕のアコギの音づくりのリファレンスになっています。

この、アルバムの音の良さを言葉で説明するのはちょっと難しいのですが。

まず、飾りっけが無いんですね。リバーブなど必要最小限。とにかく「楽器」の音がきちんと鳴っているように感じるんです。飾りっけが無いからといって、決して、悪い音では無い。むしろ、良く聴こえます。

レコーディングエンジニアが良いんでしょうね〜。もちろん、楽器の演奏が巧いことは必須ですが。。

アコギを録音する時、フレットノイズがどれくらいの音で入るかとかすごく悩むんですが、個人的に、このアルバムくらいがベストだなぁと思います。

いわゆるサーフミュージックというカテゴリだそうですが、私にはよくわかりません。とにかく気持ちのよいリラックスできる声とギターなんです。最初から最後まで、アルバム全体、リラックス出来るムードなんです。

 

というわけで、これ聴きながら、寝ようよ。ひなちゃん。

パパもママも子育て初心者。もうわからんことだらけで、てんやわんやだけど、ちょっと一息いれて頑張ります。

同じように、子育て中の皆さんも、その一息にぜひ、ジャックジョンソン聴いてみて下さい。アコギの音に癒されて下さい

 

というわけで、次回は、何を紹介しようかと考えつつ、私も寝ようと思います。既に妻と娘は就寝しています。。

明日も、音楽と共に楽しく過ごせますように。それではまた次回。

ライター:櫻井 詩郎

こどもと聴きたいアコースティックギター

スポンサーリンク

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)