はじめてのアドリブ入門講座④ ペンタトニック・フレーズ

Blues進行でのアドリブ練習、いかがでしょうか?

自由に弾く発想を重視するとともに、やはり基本的な音使い、フレーズ練習が必要になってきます。

 

ここでは、Aマイナーペンタトニックスケールを使用したシンプルなフレーズを弾いてみましょう。

とても短いフレーズですが、ブルースのエッセンスが凝縮しています。

フィーリングを大切にして、練習してみましょう。

スポンサーリンク

ペンタトニック・フレーズ 「ミ ミ ラ ソ ミ ラ --」

2小節内にロック、ブルースで多用されるチョーキング、チョーキング・ビブラート、プリング・オフの基本テクニックの習得がねらいです。

【初心者】アドリブ入門講座 ペンタトニック・フレーズ

運指

①3弦7フレット 1音チョーキング(薬指)

②2弦5フレット(人差指)

③1弦5フレット(人差指)

④2弦8フレット(小指)or(薬指)

⑤2弦5フレット(人差指) 2弦8フレットよりプリング・オフで発音

⑥2弦8フレット(薬指)1音チョーキング 1拍半伸ばす

⑦そのまま1小節分 チョーキング・ビブラート

解説

まず①の3弦7フレットのチョーキングは思い切りよく弾きましょう。音程も1音しっかり上がっているかチェックしながら練習しましょう。1音チョーキングの音程の確認方法は1音(2フレット)上の3弦9フレットを弾いた状態のE音と同じ音を目指します。

②③の2弦1弦の5フレットはジョイントで弾きます。ジョイントとは1本の指で異弦同フレットをまとめて押さえて弾きます。この場合人差し指で2弦1弦をしっかりと押さえます。

④⑤はプリング・オフで音を繋げます。このフレーズの流れでは2弦5フレットは人差し指のジョイント部分を残しておき、2弦8フレット小指(薬指)から5フレット人差し指へプリング・オフを行います。ノイズに注意して、しっかり引っ掛けるようにプリング練習しましょう。

⑥勢いよく2弦8フレットを1音チョーキングします。入り際の装飾音は意識しすぎず思い切り弾いてみましょう。音程をしっかりとキープすることが重要です。1拍半伸ばします。

⑦2小節目ではそのまま音程をキープしたまま、ビブラートを掛けてみましょう。これはチョーキング・ビブラートといい、安定させるのはなかなか難しいと思います。音程を保ったまま、小刻みに安定したビブラートを意識しましょう。4拍分のロングトーンの練習も兼ねています。

 

このようにシンプルなフレーズも細かくチェックしていくと、様々な要素が含まれことが分かると思います。基礎テクニックをしっかりと固めていくと、どんどん応用が効くようになり、発展していくので是非自分のものにしていって下さい!

ライター:金澤 幹夫

スポンサーリンク


楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)