はじめてのアドリブ入門講座⑥ スライドの活用

ギターの奏法的な魅力の一つに「スライド」が挙げられます。

ギターでスライドといえば、ボトルネック奏法(スライドバーを使った滑らかな奏法)が思い浮かぶ方も多いでしょうが、ここではフィンガースライド(指でのスライド)を取り上げます。

スライドは、ギターのみならず、弦楽器全般でよく用いられる奏法で、音と音を滑るように滑らかに繋げたい時に使用します。

「音に表現力をつける」という点では必要不可欠な基礎テクニックですので、意識して練習してみましょう。

ピアノではでないフィーリングですので、ギターならではの微妙なニュアンスも味わいながら、自分のものにしていきましょう!

スポンサーリンク

マイナーペンタトニックスケールをスライドで

ここでは、BLUESのアドリブ練習で取り上げている「マイナーペンタトニックスケール」をスライドで弾くトレーニングを示します。

同じスケールラインでも、フルピッキングで弾いたり、スライドで弾いたり、ハンマリング&プリングで弾いたりすることは非常に重要ですので、スケール練習の際は常に意識してみてください。

では、Aマイナーペンタトニックスケールのスライドポジション基本形を弾いてみましょう。

【初心者】ギターアドリブ講座 スライド・Aマイナーペンタトニックスケール

 

下降時は逆の動きで戻ってきます。

何かに気づいたでしょうか?

そうです。スライドしている箇所は3箇所ともD音からE音です。

ペンタトニック5音中の動きをチェックしてみてください。

3オクターブすべてが同じ音型になっていることが分かると思います。

このような流れをブロックフレーズといいます。

同じフォームでA、C、D⇒E, Gと流れているのが分かると思います。

 

これによりフィンガーボード(指板)上での音名の把握にもつながるので、とても実践的なポジション練習にもなります。

スライド時のポイントとしては、スライドを意識するあまりD音が短くなってしまう方がよく見られます

しっかりD音を発音してから、しっかりとE音へスライドするように意識しましょう。

テンポはゆっくりからはじめ、メトロノームで4分音符、8分音符、3連符、16分音符などでトレーニングしてみましょう。

アドリブへの発展は、1オクターブに絞り、スライドのリズムをためたり、早めたりして様々な可能性を試してみましょう。

この素材を元に、いろいろなフレーズに発展させていきましょう!

ライター:金澤 幹夫

スポンサーリンク


楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)