ジャズギター入門:Mack The Knifeのバッキング

皆さんこんにちは、赤須翔です。ジャズギター入門Vol.2始めます!

課題曲は「Mack The Knife」。

Vol.1のメロディ編から続いて今回はバッキング編です。バッキングとは、伴奏のことです。Backのing系ですね。

バッキングもとっても色んな方法がありますが、一番シンプルな方法にします。

基本的に、ジャズではギターもピアノも4和音で構成されているコードを弾きます。(テンションノートは今は置いておきます)

例えば、Cならド・ミ・ソの3和音にシを足して、CM7のド・ミ・ソ・シの4和音にします。度数表記をすると、ド・ミ・ソは1度、3度、5度。ド・ミ・ソ・シは1度、3度、5度、7度です。

スポンサーリンク

 

その中でもギターでカッティングする際は、5度の音を省略した3つの音で構成させたコードをよく使います。例えば、Cで言えばド・ミ・シです。このままだと非常に押さえづらいので、音の順番を1・7・3度、Cだとド・シ・ミになります。入門にしては小難しいかもしれません。そんな大したことではないので、忘れてもらって構いません。

カッティングのリズムは譜面では省略しましたが、基本的に4つ切りしてください。4つ切りというのはダウンピッキングで1拍ずつコードを鳴らしていく方法です。

この曲の最初の4小節で説明すると、1小節目はB♭M7を4拍、2小節目はB♭M7を2拍/Bdimを2拍、3小節目はCm7を4拍、4小節目はF7wp4拍・・と言った感じです。次の拍を弾く直前で音を切り、2,4拍にアクセントを置くとそれっぽくなりますよ。また説明が長くなってしまいました。

それでは譜面を見て行きましょう。

初心者OK ジャズギター入門 Mack The Knife バッキング(ジャズコード)

解説します。

運指は中指をベースノートに持ってくると弾きやすい事が多いです。

2小節目に出てくるB○と言うのはBdimの事で、dimはdiminishの事です。

F7等の5弦をベースにする7thコードは、1、3、7度の順番にしています。

8小節目のAm7(♭5)ですが、この押さえ方だと♭5が含まれていませんが、充分サウンドするので今回は省略しました。

これらのコード進行のどこを取ってもおいしい進行で、ところどころ多くのスタンダードに出てきます。繰り返し弾いて、できるだけ暗記して下さい。ただ形だけ覚えるのではなくてちゃんと弾いているコードが何のコードかも理解して弾けるようにしてみましょう。

それではこの辺でVol.2はお開きに。次はアドリブ編に進みます!

楽しんで練習して下さい!

それでは!

ライター:赤須翔

赤須翔のジャズギター入門

スポンサーリンク

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)