はじめてのアドリブ入門講座⑦ 音型トレーニング(4音パターン①)

今回は、音型にスポットを当ててアドリブに発展させていけるような効果的な練習を取り上げます。

そもそも音型とは何でしょうか?

それは字のごとく、音の型、すなわちメロディの流れの決まったパターンのことです。

この練習はアドリブ練習には、必要不可欠な素材ですのでここで要領を掴んでほしいと思います。

この講座でもよく取り上げるリズム面も、最大限に効果を発揮させようと考えた場合、様々なメロディ、音の上下、音の組み合わせ・・などのパターンが多くないとやはりワンパターンな演奏になってしまいやすいです。

ここでは、まず4音の音型の例を2パターンあげて、Aマイナーペンタトニックスケールでトレーニングしていきます。

スポンサーリンク

音型1:root⇒b3rd⇒4th⇒5th

【初心者】ギターアドリブ講座 音型トレーニング1-1

音が順番に並ぶ最も基本的な音型です。この音型を守りスケールを順に弾いていくとこのようになります。

まずは8分音符でしっかり弾いていきましょう。

8小節のパターンとなります。

【初心者】ギターアドリブ講座 音型トレーニング1-2

別パターンもトレーニングしてみましょう。

少し音の並びを飛ばしてみましょう!

音型2:root⇒5th⇒4th⇒b3rd

【初心者】ギターアドリブ講座 音型トレーニング2-1

この音型を守りスケールを順に弾いていくとこのようになります。

同じく8小節パターン。少し難しくなりますがチャレンジしてみましょう!

【初心者】ギターアドリブ講座 音型トレーニング2-2

いかがでしょうか?

なかなか難しいですが重要ですのでじっくりと取り組んでみてください。次回は別の音型パターンを御紹介しますので楽しみにしておいてください!

ライター:金澤 幹夫

スポンサーリンク


楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)