ソロウクレレの楽譜(タブ譜)

カノン

クラシックで人気のある「カノン」のウクレレアレンジ楽譜(コード付きタブ譜)です。意外にも、バロック期と呼ばれる、クラシックの中でも大昔に作られた曲です。

原曲のキーはDですが、ウクレレで弾きやすいようにCでアレンジしました。

スポンサーリンク

いわゆる「カノンコード進行」と呼ばれるコード進行が繰り返されます。メインの部分は16部音符が連続し、かつ12フレットまで使うので、初心者の方には少しハードかもしれませんが、ゆっくりしたテンポでチャレンジしてみてください。

また原曲より短めにしているので、物足りない方は自由に付け足して自己流のカノンを楽しんでみてください。


「カノン」のソロウクレレ楽譜

ソロウクレレの楽譜(タブ譜)カノン 1 タブストック
ソロウクレレの楽譜(タブ譜)カノン 2 タブストック
ソロウクレレの楽譜(タブ譜)カノン 3 タブストック

※High G / Low G どちらでも可。

編曲:川口 順司

おすすめの楽譜・記事

スポンサーリンク


リズムギター:カッティング徹底分析⑩ スキッピング

今回でカッティング講座は一区切りとしますが、最終回はスキッピングについて考察していきます。

スキッピングとは弦飛びの事です。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑨ シングルノート2

シングルノートによるカッティングを、更に考察してみましょう。

今回は、構成音にスポットを当ててみます。

シングルノートはコードトーンを中心にして、効果的にテンションノートを入れて組み立てていくのが一般的です。

コードが移り変わっていくコード進行では、それぞれのコードとコードの共通音を選択してプレイされることがとても多いです。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑧ シングルノート1

今回のリズムギター講座では、シングルノートを取り上げます。

シングルノートとは、単音のことです。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑦ 2分休符

今回も、引き続き休符を取り上げます。

グルーヴ感溢れるカッティングに、休符が重要な役割を果たすことは、前回お伝えした通りです。

今回は更に長い音価の休符のパターンで練習してみましょう。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑥ 休符の活用

グルーヴ感溢れるカッティングに、必要不可欠な要素に休符が挙げられます。カッティングの上達には、休符を無視するわけにはいきません。

続きを読む

あなたにおすすめ

楽譜、ギター講座、おすすめなど

初心者用ソロギターアレンジ譜 フォークギター、クラシックギターの楽譜(タブ譜)、練習
おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
初心者からのクラシックギター楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)、練習
初心者・アマチュア向けギターレッスン(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)練習
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)、練習
おすすめギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)