初心者OK!ソロギター・クラシックギター無料楽譜(タブ譜)

ショパンの別れの曲(Etude Op.10 No.3)

ピアノの詩人ことショパンの別れの曲をソロギターにアレンジしました。優しく美しいメロディがとても印象的な名曲ですが、実は原曲はピアノの練習曲(エチュード)です。練習曲とはいえ、作品的に秀逸なものがあるというのは、クラシック音楽の世界では珍しくないようですね。

ショパンの別れの曲は、ソロギターやクラシックギターにアレンジされることも多く、いろいろばバリエーションが存在します。比較的クラシックギター向きの曲と言えるかもしれませんね。

コード(和音)がどんどん展開されていくので、フォームの切り替えや、ボリュームのバランスに気を付けて演奏してみてください。

なお、余談ながら、別れの曲の次の練習曲であるOp.10 No.4は、大変技巧的なうえ、強烈で、同じ練習曲集のものとは思えないほどカラーが異なります。

ソロギターアレンジは、まず難しいのですが、圧倒されるほど多くの音が押し寄せてくるので、興味のある方は、ピアノ版をぜひ聴いてみてほしいと思います。

スポンサーリンク

「ショパンの別れの曲」の楽譜

クラシックギター楽譜(TAB譜)ショパンの別れの曲

スポンサーリンク


こちらの楽譜もおすすめです


リズムギター:カッティング徹底分析⑩ スキッピング

今回でカッティング講座は一区切りとしますが、最終回はスキッピングについて考察していきます。

スキッピングとは弦飛びの事です。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑨ シングルノート2

シングルノートによるカッティングを、更に考察してみましょう。

今回は、構成音にスポットを当ててみます。

シングルノートはコードトーンを中心にして、効果的にテンションノートを入れて組み立てていくのが一般的です。

コードが移り変わっていくコード進行では、それぞれのコードとコードの共通音を選択してプレイされることがとても多いです。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑧ シングルノート1

今回のリズムギター講座では、シングルノートを取り上げます。

シングルノートとは、単音のことです。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑦ 2分休符

今回も、引き続き休符を取り上げます。

グルーヴ感溢れるカッティングに、休符が重要な役割を果たすことは、前回お伝えした通りです。

今回は更に長い音価の休符のパターンで練習してみましょう。

続きを読む

リズムギター:カッティング徹底分析⑥ 休符の活用

グルーヴ感溢れるカッティングに、必要不可欠な要素に休符が挙げられます。カッティングの上達には、休符を無視するわけにはいきません。

続きを読む

あなたにおすすめ

楽譜、ギター講座、おすすめなど

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)

【余談】ピアノをソロギターにアレンジ

今回は、ショパンの名曲、ピアノ練習曲「別れの曲」をクラシックギター向けにアレンジしています。私は、エレキギターからクラシックギターに転身したものの、ずっとギター一筋なのですが、ピアノが大好きです。残念ながらピアノは弾けませんが、ピアノが弾けたらカッコイイだろうなぁっと常日頃空想の世界で弾ける自分を想像しています。(笑)

中でも、特に流れるような曲が多いショパンが大好きなのですが、ショパンはもちろん、ベートーベンやモーツァルト、だいたいのピアノ曲はクラシックギター・ソロギター用にアレンジするのは難しく、仮に強引に編曲したとしても味気なくなってしまいます。ピアノの表現力にはとても敵いませんね。

ショパンの中でも「別れの曲」、この曲はギターでも演奏しやすく(途中、割愛していますが・・)なんといっても音楽的な完成度が高い素敵な曲です。ぜひレパートリーに加えてみてください。ピアノが弾けたらなぁ・・・隣の芝生は青い。