はじめてのアドリブ入門講座⑪ モチーフの発展法

アドリブの一つのアプローチに、「モチーフの発展」が挙げられます。

発想はシンプルなのですが、なかなか奥が深いアプローチ方法です。

今回は「モチーフの発展」の基本的な考え方をマスターしましょう。

モチーフとは、メロディやリズムの一つの短いフレーズと捉えることができます。

モチーフの発展とはそのモチーフを活かし、同じコンセプトを保ちながら少しずつ変化させていくアプローチです。

しかし、モチーフをどのような考え方で発展させていけば良いのかという疑問がでてくることと思います。

ここでは基本的な考え方を示しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

基本フレーズ

【初心者】ギターアドリブ入門講座 モチーフの発展法 基本フレーズ

このシンプルなフレーズを題材に発展させていきます。

譜割りを変化させる

【初心者】ギターアドリブ入門講座 モチーフの発展法 譜割りを変化

ロングトーンを中心に譜割りを変化させる。

全体をずらすようなイメージで面白いリズムを造ってみよう。

8分休符を活用する

【初心者】ギターアドリブ入門講座 モチーフの発展法 8分休符を入れる

8分休符を一つ入れるだけで、リズミックに変化する。

裏拍から発音することも重要なポイント。

4分休符を活用する

【初心者】ギターアドリブ入門講座 モチーフの発展法 4分音符を入れる

同様に4分休符を加えてみよう。

ひと呼吸おいたような感じとなりまとまりのあるフレーズになる。

休符をミックスする

【初心者】ギターアドリブ入門講座 モチーフの発展法 休符を混ぜる

8分休符、4分休符をミックスして試してみよう。更に実践的なリズムとなっていく。

 

その他、16分音符、16分休符、3連符や2分休符なども活かしていくと実に様々なフレーズへ発展させることが可能となります。

とても役立つのでじっくり研究してみてください。

ライター:金澤 幹夫

スポンサーリンク

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)