ジャズギター入門:コードトーン&スケールエクササイズ

こんにちは。赤須翔です。

ジャズギター入門vol.6を始めたいと思います。

今回はコードトーンとスケールを組み合わせたエクササイズでしたね。

難易度も少しずつ上がり、ようやくアドリブっぽくなってきたでしょうか?

早速タブ譜をご覧下さい。

スポンサーリンク

"Mac the Knife" Chord Tone - Scale

【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ1
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ2
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ3
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ4
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ5
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ6
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ7
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ8
【初心者】ジャズギター入門:コードトーン-スケールエクササイズ9

今回も"Mac the Knife"のコード進行にのっとり、エクササイズを作りました。

まず、コードトーンの上行型を弾いてからスケールで下降します

コードに対してあまり使わないほうがいい音は、省略しました。

同じコードが出てくる所は、色々違うポジションで弾く応用パターンにしてみました。

そして、7thのスケールですが、4度上のコードがメジャーの場合とマイナーの場合は、それぞれ違うものになります

この曲で言うとメジャーに向かうF7とマイナーに向かうG7、D7ですね。

サウンドの違いも感じてみて下さい。

曲によって様々ですが、ものすごく簡単に言うと、次のコードがメジャーになっている7thとマイナーになっている7thは、スケールが違うということです。

 

そしてEx2の方は、今度は逆にコードトーンの下降型を弾いたあとスケールで上行していくパターンです。

こちらも合わせて練習して下さい。

 

さぁどうでしょうか?

これができるようになると、色々な曲に対応できるかと思います。

そのためにも一小節ずつ繰り返し練習し、体に叩き込むことも大切ですね。

ぜひ練習してみてださい。

 

それでは、今回はこの辺でおいとま致します。

次は「アプローチノート」についてやります。

ライター:赤須翔

スポンサーリンク

◆ジャズギター入門 記事一覧

◆前の記事:コードトーン

◆次の記事:クロマチック・アプローチ

楽譜、レッスン、おすすめ・・・etc.

初心者でも楽しめるソロギターアレンジ譜(フォークギター、クラシックギター用の楽譜(タブ譜))
初心者・アマチュア向けギター講座(クラシックギター、フォークギター、エレキギター対応)
初心者から楽しめるクラシックギターの楽譜(タブ譜)(フォークギターでも可)
みんな、これきいた?おすすめギター音楽(クラシックギター、フォークギター、エレキギター)
エレキギターで弾くクラシック音楽の楽譜(タブ譜)
気になるギターグッズ(エレキギター、フォークギター、クラシックギター)